LINE Pay

LINE Payなら3.5%還元!楽天ペイの7倍お得です

LINE Payを知ってますか?

今やキャッシュレスアプリはたくさんありますが、LINE Payはご存知でしょうか。
あのLINEがやっているキャッシュレサービスです。

実は3.5%還元(今だけ)

2018年の12月にPayPayが話題になりましたね。
100億円あげちゃうキャンペーンで20%還元をやっていましたが、わずか10日間で終了となりました。

そして、2019年10月には消費税の増税を控えるなか、キャッシュレス決済のポイント還元が話題になり、キャッシュレスアプリやポイント還元は非常に注目されています。

 

いまやキャッシュレス戦国時代のなか、LINE Payは

常に3.5%以上還元!!

 

楽天Payは0.5%ですから、なんと7倍です!

しかし今だけなので、詳しくご説明します。

なぜそんなに還元率が高いのか?

LINE Payにはランクがあります。

一番上がグリーンで下がホワイト。

ランクによってポイントの還元率が変わります。

グリーン 2%
ブルー 1%
レッド 0.8%
ホワイト 0.5%

ちなみにボクはホワイトです。

これを見ると0.5%で3.5%ではありませんよね。

 

なぜ3.5%になるのか?

 

それは2018年8月1日より1年間、LINE Payのバーコード決済時にマイカラー

+3%

還元の期間限定キャンペーンがあるからです!!

このキャンペーンのおかげで、ボクは通常の0.5%に3%加えて3.5%の還元率になっているのです。

 

つまり、ランクが最上級のグリーンなら

5%

になります。

+3%の還元はお店でのコード決済のみです。

 

どこで使えるの?

LINE Payが使えるお店は様々ですが、一部をご紹介します。

コンビニ

  • ローソン
  • ファミリーマート

ドラッグストア

  • ツルハドラッグ
  • サンドラッグ
  • ウエルシアグループ

居酒屋

  • 笑笑
  • 白木屋
  • 魚民
  • 千年の宴
  • 山内農場

家電

  • ジョーシン

 

身近に利用できるのはコンビニ、生活用品を買うためにドラッグストアで利用するのもオススメです。電気屋ではジョーシンで使えますので、大きな買い物をするときには還元も期待できますね。

どうやって使うの?

使い方は簡単。
みなさんがいつも使っているLINEアプリで支払いできますよ。

新しくアプリを入れる必要はありません。

 

使うためには、まず銀行チャージでLINE Payに残高をチャージしてください。

これにより、LINE Pay残高へ入金されます。

次にコード支払いの手順をご説明します。

説明はiPhoneの画面です。Androidだと画面が異なりますのでご注意ください。

 

1. LINEアプリを起動

まずはLINEアプリを起動してください。

いつもメッセージをやりとりするあのLINEアプリです。

LINEを立ち上げると「トーク」になっていることが多いと思います。

 

2. ウォレット

下のバーからウォレットをタップします。
ウォレット画面へいきます。

 

3. コード支払い

QRコードのマークがついた「コード支払い」をタップします。

 

すると、パスワード(設定によっては指紋認証)が求められますので、入力もしくは指紋認証しましょう。

 

4. 支払い

バーコードとQRコードが表示され、画面が明るくなります。

この画面をレジの店員さんに見せてスキャンしてもらいましょう。

 

5. 完了

これで支払いは完了です。
LINEウォレットからメッセージが来ますので、支払いを確認することができます。

 

ポイントはどうやって確認するの?

「LINE ウォレット」のトークから確認できます。
実際にボクがツルハドラッグで買い物した際のウォレットをお見せしましょう。

メッセージの中に「付与予定ポイント」が「37P」と表示されています。

きちんと3.5%付与されていますね。

 

ボクの経験上、ポイント付与は翌日にされることが多いです。
通常のポイントとキャンペーン3%は付与のタイミングが異なりますが、時間の差はわずか1~2分です。

ポイント履歴で確認することもできます。

 

貯まったLINEポイントはどうするの?

LINEポイントについて、勘違いしやすいことがあります。

LINE Payの残高とLINEポイントは別物ということです。

支払い時に、LINEポイントを使用できるお店と使用できないお店があります。

その区別はボクでもわかっていません。

 

支払いでポイントを使いたい

LINEポイントをLINE Payの支払いで使いたい場合は、コード決済の画面で「ポイント」をタップしましょう。
チェックマークが緑になると有効で、ポイントからの支払いになります。

繰り返しになりますが、ポイントが使えるお店と使えないお店がありますので、ご注意ください。

 

 

その他、LINEポイントの使い道は?

2つご紹介します。

1. LINEウォレットにチャージ

まず、「LINEポイント」から「LINEウォレット」の残高にチャージ(交換)できます。
これは1ポイント単位でできますから便利ですよ。

交換方法はいくつかありますが、そのひとつをご説明します。

交換手順

(1) ウォレットから「LINEポイント」をタップ

 

(2) 「使う」タブをタップ

 

(3) 「LINE Pay」をタップ

 

(4) 交換するポイント数を入力
ポイント数を入力して「交換」をタップすると確認のメッセージがでますので、「はい」をタップして進むと完了です。

少し時間差がありますが、2~3分で残高に反映されます。

 

(5) 確認

完了するとLINEウォレットからメッセージが来ますのでチャージできたことを確認します。

 

2. スタンプ購入

みなさんスタンプ使いますよね。

LINEスタンプを購入するときに使えます。

本来はLINEスタンプの購入はコイン」で支払いますが、コインの保有残高が足りない状態でLINEポイントがあると、自動的にLINEポイントがコインに変換されます。

手作業でLINEポイントからコインに交換する必要はありません。

 

ただし、このとき注意しなければならないのが、

1LINEポイント = 1コインではありません!!

2LINEポイント = 1コインなのです!!

わかりにくいシステムですね。

そのため、欲しいスタンプがあるときは、コイン数の倍のLINEポイントが必要になると考えてください。

まとめ

いかがでしょうか。

今はPayPayが一番知名度がありますが、LINEのキャッシュレスLINE Payの魅力をご紹介しました。

ボク個人は楽天ポイントを消費したいために楽天ペイを主に利用していますが、LINE Payのお得さに最近気づきました。

シーンによって使い分けるできると良いと思います。

夏までの期間限定ですから、今の内に使っておきたいですね!