電子マネー

ノーリスク!楽天ポイントを活用してお金を実質1%分増やす方法

2019年4月のキャンペーンより、2%から1%に変更になりました。

 

いきなりですが、楽天ポイントを活用して、お金を確実に実質1%分増やす方法を説明します。
しかもノーリスクです。

「確実?」

「ノーリスク?」

なんか怪しいですよね。
あくまで実質というところがミソです。

楽天ポイント→楽天Edy

結論から言うと、楽天ポイントを楽天Edyに交換するのです。

「どうしてそれだけで実質1%増えるの?」

そう思うかもしれません。
楽天e-NAVIという楽天カードの公式会員サイトで、毎月開催されている以下のキャンペーンがあります。

ポイントからのチャージでチャージ額の1%分プレゼント!

このキャンペーンを利用して1%増やすのです。
実質1%増やすにはいくつかの条件がありますので、これから説明します。

条件

● 通常ポイントであること
  (期間限定ポイントはNG)

● キャンペーン期間中のみ

● 付与は後日

 

通常ポイントであること

まず、期間限定ポイントは楽天Edyに交換することができません。
今回の対象は通常ポイントのみです。
かつ、通常ポイントでも他の提携サイトから交換されたポイントもEdyにすることができませんので、注意してください。

キャンペーン期間中のみ

1%増やす方法はいつでもできるわけではありません。
キャンペーン中のみです。
とはいえ、チャンスは毎月あり、期間は約10日間です。

つまり月の3分の1。

必ずこのキャンペーン期間中に交換してください。

付与は後日

プレゼントされる+1%分のEdyはすぐに獲得できるわけではなく、約1ヵ月後に進呈されます。

キャンペーンはいつやってるの?

繰り返しですが、このキャンペーンは毎月定期的にあります。
月の中でいつ頃かというと、ボクの経験では3週目が多いです。
直近の実績をおさらいしてみますね。

【2019年2月】

2019年2月15日(金)10:00~2月25日(月)9:59

 

【2019年1月】

2019年1月15日(火)10:00~1月25日(金)9:59

2019年4月のキャンペーンより、2%から1%に変更になりました。

 

いちいちキャンペーンをチェックしてられない!

「毎月あるのはわかったけど、楽天e-NAVIをいちいちチェックするのが面倒くさい」

そんな方も多いと思います。
ボクはこのキャンペーンが始まるといつもツイートしているので、ボクのTwitterをチェックしてもらえば、それだけでOKです。

次のように毎月ツイートしています。

2019年4月のキャンペーンより、2%から1%に変更になりました。

交換方法

それでは楽天ポイントから楽天Edyに交換する手順を説明します。
交換には「申請」「受け取り」2段階があります。

まずは公式サイトで交換するポイント数を申請し、その後、Edyカードで受け取る手続きが必要です。

Edyカードはインターネットにつながっているわけではありませんので、物理的にチャージする必要があります。

 

1. 楽天Edyのサイトにアクセス

楽天Edyのサイトにアクセスします。

楽天Edy公式サイト 楽天スーパーポイントからEdyにチャージ

2. チャージ申請

チャージ申請からチャージをします。
楽天会員のログインが求められたらIDとパスワードを入れてログインしましょう。

3. Edyの選択

チャージした楽天Edyを選択しましょう。
所有しているEdyがひとつしかなければ迷うことはありませんが、楽天カードとEdyカードを別に持っていたりする場合もあると思いますので、自分がチャージしたいカードを選択しましょう。

4. ポイント数の決定

ここで交換したいポイント数を入力して申請します。
最低10ポイント以上から、1ポイント単位で交換できます。

繰り返しになりますが、交換できるのは通常ポイントのみです。
期間限定ポイントや提携サイトから交換されたポイントは不可。

5. 申請完了

これでチャージ申請は完了です。
完了画面にも表示されますが、まだEdyにはチャージされていません。

申請が完了しただけなので、次は受け取りにいきます。

受け取り可能期間は30日間なので、忘れないようすぐに行きましょう。

6. 受取

受取方法はいくつかありますが、便利で簡単なのはファミリーマートです。

ファミリーマートの店内にある緑の端末Famiポートで受け取れます。
Famiポートで楽天Edyのメニューがありますので、EdyカードをFamiポートに当てて受け取りましょう。

「シャリーン」と言ったら完了です。

注意点

このキャンペーンにはいくつか注意点がありますので、説明します。

Edy受け取り期間(チャージ)

Edyをポイントから交換して終わりではなく、実際にEdyカードで受け取る必要があります。
上の手順では6番にあたる所ですね。
これを忘れてしまうとせっかくのキャンペーンが台無しです。

チャージした後、受取にもキャンペーンが適用される期間が決まっています。
2019年2月のEdy受取期間は下のとおりです。

2019年2月15日(金)10:00~2月27日(水)23:59

つまり、ネットで交換申請しても、この期間を過ぎてからEdyカードで受け取ってしまうと、1%プレゼントキャンペーンから外れてしまうのです。

忘れないよう申請したらすぐに交換すること!

上限

増額する1%には上限があります。

Edy進呈上限は1人1,000円までです。

楽天ポイント100,000ポイントの1%がEdy1,000円分です。
100,000ポイントまでにしておきましょう。

 

2019年4月のキャンペーンより、上限が2,000円分から1,000円分に変更になりました。

進呈時期

1%分が進呈されるのは、約1ヵ月後です。
すぐにはもらえません。

2019年のキャンペーン分の進呈は、2019年3月中旬頃となっています。

進呈の受け取り期間

特典で増えた1%分のEdyですが、進呈日より30日間の間に受け取りに行ってください。

受取期間が「進呈日より30日間」と決まっていますので、それ以降になると無効になってしまいます。

ボクは毎月エントリーして交換しているので、チャージして受け取りにいくと、先月の1%分が付与されているタイミングなので、そこで受け取っています。

まとめ

通常ポイントは様々な活用方法がありますが、このキャンペーンで楽天Edyに交換して1%増やすのは、個人的にはかなりオススメです。
楽天Edyであれば、楽天ペイなどよりも多くの場所で利用できるので、現金に近い電子決済でしょう。
コンビニ、大手スーパー、ドラッグストア、自動販売機でも使える所があります。

これにより現金を使うことを減らせばお金が減ることが少なくなるので、貯金や投資をすることができますね。