クレジットカード

人気No1のクレジットカード!楽天カードの魅力

様々なクレジットカードがある中で、楽天カードは2018年度日本版顧客満足度調査において、10年連続顧客満足度1位になりました。

社会人はもちろんですが、大学生や主婦にも人気があります。

なぜ楽天カードはそれほど人気があるのか。
改めておさらいしてみようと思います。

楽天カードとは

楽天カード

楽天カードとは、楽天が発行するクレジットカードです。

楽天カードのショッピング取扱高は2018年に7兆円を突破するほど、日本で多く利用されているクレジットカードなんです。

画像引用元:2018年4Q決算説明会資料

 

入会金や手数料はかかるの?

楽天カードの入会金は0円です!!

その他、手数料なども発生しませんので無料で作成できます。

年会費も永年無料のため、保有し続けてもお金がかかることはありません。

楽天カードの魅力とは?

ところで楽天カードの魅力は何でしょうか。
一番声を大にして言えるのはこれだと思います。

 

ポイントです!

 

楽天カードによってもらえるポイントは、楽天スーパーポイント(以下、楽天ポイント)です。
この楽天ポイントが簡単にザクザクと貯まっていくことです。

ポイント還元率は?

クレジットカードの魅力のひとつといえばポイント還元です。
支払いをした金額に対して、ポイントが付与されます。

楽天カードでは、100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

還元率1%

実際に貯まったポイント数を公開

ボクが2019年3月に楽天カードを利用した金額と獲得したポイント数を公開します。

 

141,503円分の利用をした事で、1,415p獲得できました!

仮に1ヵ月平均100,000円分を利用する人だと1,000p貯まります。
つまり、年間にすると12,000pも貯まるわけです。

1ヵ月1,000p × 12ヵ月 = 12,000p

特に何か努力するわけではなく、支払いを楽天カードに変えるだけでこの恩恵を受けることができますよ。

楽天カードはどこで使えるの?

クレジットカードの国際ブランドが対応しているお店であれば使えます。
例えば、楽天カードのブランドがJCBだった場合、JCBのクレジットカードが利用できるお店であれば大丈夫です。

別で楽天ポイント加盟店がありますが、クレジットカードの楽天カードは楽天ポイント加盟店でなくても利用できますし、楽天カードで支払いした分は楽天ポイントが貯まります。

楽天ポイント加盟店は、クレジットカードではなく現金支払いで楽天ポイントが貯まったり、楽天ポイントで支払いができるお店の事です。

これからカードを持つ人にオススメな使い方

楽天カードがどこで使えるか不安であったり、クレジットカードの使い方自体に慣れていない人へオススメの方法です。

それは、毎月の固定費をクレジットカード払いにしましょう。

例をあげます。

  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 携帯電話
  • インターネット回線
  • 保険料(生命保険、医療保険、自動車保険など)

利用している契約先によってはクレジットカード払いにできない場合があるかもしれませんが、これらをクレジット支払いにするだけで、いつもの買い物スタイルは何も変えずにお得にポイントが貯まっていくことができます。

楽天ポイントはどうやって使えるの?

楽天ポイントは1ポイント=1円の価値があります。

使い方の代表としては、楽天市場での買い物です。

楽天市場とは、楽天が運営するインターネットショッピングサイトで、日用品から車まで、ありとあらゆるものが買い物できるサイトです。
このサイトで、貯まった楽天ポイントを使ってお買い物ができちゃいます。

つまり、楽天ポイントがたくさん貯まっていれば、現金を使わず実質無料で買い物することも可能です!

他にも楽天ポイント加盟店や、楽天のキャッシュレスアプリ「楽天Pay」が使えるお店でも楽天ポイントで買い物できますよ。

カードの支払いに楽天ポイントが使える!

なんと、楽天カードの支払いには、楽天ポイントが使えるのです。

つまり、楽天ポイントで支払いをすれば現金の支出が減り節約に繋げることができます。

楽天カードの支払いに使えるポイントは通常ポイントのみで、設定できる期間も決まっていますので、詳しく知りたい人はこちらの記事にまとめていますので参考にしてください。

選べるブランド・デザイン

楽天カードは4種類の国際ブランドと、7ジャンルのデザインがあります。
デザインによって対応しているブランドも変わりますので、注意してください。

例えばディズニーデザインはJCBのみです。

 

まずは楽天カードの国際ブランドです。

  • Mastercard
  • American Express
  • Visa
  • JCB

 

続いてデザインです。
種類はたくさんありますので、ここでは大きく分けたジャンルでまとめます。

通常デザイン

オーソドックスなデザインです。
楽天カードといえば、このデザインを思い浮かべる人が多いと思います。

通常とPINKの2種類があります。

対応ブランド Mastercard・American Express・Visa・JCB

 

お買いものパンダ

楽天の公式キャラクターで大人気のお買いものパンダです。
通常とPINKの2種類があります。

対応ブランド Mastercard・Visa・JCB

 

ディズニー

ディズニーデザインでミッキーのカードになっています。
通常とPINKの2種類があります。

対応ブランド JCB

 

FCバルセロナ

楽天がスポンサーとなったFCバルセロナのカードです。
エンブレムとプレイヤーの2種類があります。

対応ブランド Mastercard・JCB

 

楽天イーグルス

プロ野球チーム、楽天イーグルスのカードです。

対応ブランド Mastercard・JCB

 

ヴィッセル神戸

Jリーグのサッカーチーム、ヴィッセル神戸のデザインです。
エンブレムとイニエスタ選手の2種類があります。

対応ブランド Mastercard・JCB

 

YOSHIKI

X JAPANのYOSHIKIデザインです。

対応ブランド Mastercard

楽天カードを作るための条件は?

楽天カードを作るには2つの条件が必要です。

  • 18歳以上(高校生不可)
  • 楽天会員

楽天会員でなくても、申し込み時に同時に楽天会員になることができます。

入会特典

楽天カードには、楽天ポイントが5,000pもらえる新規入会特典があります。

5,000pもらう方法

新規入会特典の5,000pをもらうには、2つのミッションが必要です。
1つ目のミッションで2,000p、2つ目のミッションで3,000pがもらえます。

何もしないともらうことができません。

2,000ポイントGETの方法

楽天e-NAVIで受け取り申請をしてください。
申請後、5営業日以内に進呈されます。

3,000ポイントGETの方法

楽天カードを利用してください。
1円以上、1回でOKです。

キャンペーンだと最大8,000p

キャンペーン時には、入会特典のポイントが5,000pではなく、7,000pや8,000pもらえるときがあります。

さらにお得になりますね。

キャンペーンはいつ?

楽天カードの入会特典のキャンペーンがいつ開催されるかははっきりわかっていません。
不定期で実施されています。

直近の実績(2019年)

  • 2019年11月11日~11月18日 8,000p
  • 2019年10月8日~10月15日 7,000p
  • 2019年8月19日~8月26日 8,000p
  • 2019年7月22日~7月29日 7,000p
  • 2019年6月17日~6月24日 7,000p
  • 2019年5月20日~5月27日 8,000p
  • 2019年4月15日~4月22日 7,000p
  • 2019年3月11日~3月18日 7,000p
  • 2019年2月18日~2月25日 8,000p
  • 2019年1月21日~1月28日 7,000p

▼キャンペーンが待てない人はこちらから▼
楽天カード

利用明細はWEBで簡単に

利用明細は楽天e-NAVIという楽天カードの公式サイトがあり、簡単に見ることができます。

「今月どれくれい使ったかな?」

「使いすぎてないかな」

と、心配になっても楽天e-NAVIを見るとスマホで簡単にチェックできます。

郵送で欲しい場合は?

紙の明細書を郵送で発行してもらうには、楽天e-NAVIから変更することができます。

しかし、郵送にすると手数料82円(8%税込)が加算されます。

 

カードの締め日と引き落とし日はいつ?

楽天カードの締め日は月末です。
引き落とし日は、翌月の27日です。

海外旅行保険はあるの?

楽天カードには、海外旅行保険(海外旅行傷害保険)があります。
ただし、保険が適用されるには、次の2つ条件のどちらかを満たしている必要がありますので注意してください。

  • 自宅から出発空港までの交通費を楽天カードで決済
  • 海外旅行代金を楽天カードで決済

つまり、交通費か旅行代金のどちらかを楽天カードで支払いしていないと適用されません。

「楽天カードは海外でも安心」と安易に思わず、海外旅行に行く際はきちんと理解しておきましょう。

補償内容と保険金額

画像引用元:楽天カード海外旅行傷害保険

Edyの付帯

楽天カード作成時に、Edyを無料で付帯することができます。

さらに、特典としてEdyが500円分入金済の状態で届けられますよ。
これだけで500円得していますね。

それに、Edyを普通に作ろうとすると300円のお金が必要な場合がありますので、楽天カードをこれから作る人はEdyをつけておくことをオススメします。

▼無料でEdyを500円分もらう▼
楽天カード

デメリット

お得な情報ばかり紹介していますが、 楽天カードにデメリットはないのでしょうか。
よく言われる批判の声をピックアップしました。

メルマガ・DM(ダイレクトメール)

登録したメールアドレスに楽天からたくさんメールが来ます。
これは本当に多いです。

楽天ポイントがもらえたりキャンペーンのお得な情報もたくさん来るのですが、DMを増やしたくない方にとってはデメリットでしょう。

対策

楽天市場での買い物するときに、デフォルトでメール配信のチェックが入っています。
チェックを外すようにしましょう。

また、キャンペーンにエントリーするとDMが配信されるので、参加しないようにしましょう。

しかし、メルマガを外したりキャンペーンに参加しないと得られないお得な情報がありますので、お得さとDMは引き換えです。
自分のスタイルに合わせて選択しましょう。

ダサい?

楽天カードは人気No1だけあって、持っている人が多いです。

そのため、人と同じ型にハマりたくない人にとっては、ダサく感じることがあると思います。

それに、楽天カードは本当にお得なので、節約志向やポイント集めてる人と見られることがあるかもしれません。

対策

そんな人の目は気にしないことです!

クレジットカードに迷ったら楽天カード!

以上、楽天カード について簡単に紹介しましたが、これからクレジットカードを作ろうと迷っている方には絶対に楽天カードがオススメです。

作るとお得ばかりで、楽天を活用すると簡単にどんどん楽天ポイントが貯まりますよ!
発行の際は他サイトを経由してひと手間かけてさらにお得する作る方法もあります。
その情報はTwitterで発信しているので、気になる方はフォローしてボクの情報をチェックしてください。

なるべく簡単に済ませたい方は、下のリンクからスマホでこのまま作れますよ!

▼今すぐ簡単に楽天カードを作る▼
楽天カード