投資

松井証券ってどんな証券会社?松井証券についてまとめ

証券会社はネット証券もはじめ多くの証券会社があります。

数ある中で、どの証券会社がいいかについては、個人によって違いがあります。

その中で、今回は松井証券についてご紹介します。

他の証券会社とは違うサービス提供しているため、メリットやサービス内容について深くお伝えします。

ぜひ参考にしてください。

松井証券とは


松井証券とは、創業100年以上の老舗証券会社です。

創業者は松井房吉で、1918年松井房吉商店としてはじまりました。

最も大きな功績といえば、日本初のネット証券会社として上場したことです。

1995年にインターネット証券に参入し、株式投資から手数料やツールなど他の証券会社より先駆けて提供した歴史ある証券会社です。

企業理念は、顧客中心主義。

お客様の視点で考えることで、業界にあった慣習を破り、新たなサービスや仕組みづくりを投資家に提供してきた証券会社です。

松井証券で取引できるもの

松井証券では、以下の取引ができます。

  • 日本株
  • 日本株PTS
  • 国債
  • 投資信託
  • 先物取引
  • オプション取引

それぞれ詳しく説明していきましょう。

投資信託の取り扱い


松井証券が取り扱いしている投資信託の本数は、2019年12月時点で1,183本。

多彩な商品ラインナップの中から自分にぴったりな投資信託を選択することができます。

金融に専門的な知識がなくても、100円から投資信託を購入できるため初心者に優しい証券会社の一つです。

少額を分散して購入することができるため、リスクを大きくかけずに投資することができます。

さらに、運用は金融の専門家がしてくれるため、専門的な知識なく気軽に始めることができるのも魅力です。

100円から購入手数料無料なので、投資を始める上ではおすすめです。

海外株式は取引できない

松井証券では、海外株式が取引できません。

今は米国株が人気なので、そこはデメリットになりますね。

他証券会社では海外株式を始め売買できるものが多いところもあるため、ハイリスク・ハイリターンが大きい商品に積極的に投資していきたい人にとっては少し物足りなさを感じます。

しかし、松井証券のラインナップは証券マンが厳選して決めたプロお墨付きものです。

自分の投資方針が決まっていたり、安定している商品を厳選したラインナップから選択して運用したい方にとってはメリットがあります。

松井証券の手数料

松井証券は、手数料が安いことが特徴です。

松井証券はボックスレートを採用しているため、1日の約定代金の合計が10万円以下なら取引手数料が0円です。

10万円以内の株購入の場合や、5万円以内の株の売買なら1日の手数料が0円ということになります。

投資を始めたばかりの方や、株式投資にかかるお金を節約したい人には手数料0円は大きなのメリットといえます。

1日の約定代金合計金額手数料(税抜)

10万円まで 0円
 30万円まで 300円
50万円まで 500円
100万円まで 1,000円
200万円まで 2,000円

※100万円増えるごとに1,000円加算

※1億円超 100,000円(上限) 

信用取引

松井証券では一日信用取引の場合、取引手数料が基本0円です。

一日信用取引では、当日中に決済されるデイトレードだと新規の買建や売建、売買決済が約定金額を問わず取引手数料は0円になります。

最低手数料20円(税抜)で、新規建を行い当日に建玉が決済されなけば松井証券の任意決済が行われます。

制度信用取引・無期限信用取引の場合も1日の約定代金合計金額10万円までは0円です。

投資信託の手数料

投資信託には購入する際手数料がかかります。

しかし、松井証券はオンライン証券大手5社で初めて手数料無料を実現しています。

投資信託は長く資産運用していくもので、購入する際の手数料如何で最終的な資産を形成するカギとなります。

そのため、松井証券のように購入に関するコストカットできる無料サービスは、とてもありがたい内容のひとつです。

松井証券のロボアドバイザー


松井証券には、ロボアドバイザーもあります。

ロボアドバイザーとは、自分で取引を考えるのではなく、AIが決めてくれたロボアドバイザーによって資産運用をすることができます。

有名なのはウェルスナビですね。

松井証券のロボアドバイザーには、3つの種類があります。

  1. 投信工房
  2. 投信提案ロボ
  3. 投信見直しロボ

それぞれの特徴を見ていきましょう。

1. 投信工房

松井証券の投信工房は、将来に向けた資産形成を考えている方へが長期・分散・積立投資できるように作られています。

簡単な8つの質問に答えることで、あなたのポートフォリオを提案してくれます。

質問は年齢、年収、今までの投資経験などです。

回答すれば、あなたに最適なポートフォリオを提案しもらえ、プロの投資家に利用されている理論を元に分散投資できます。

2. 投信提案ロボ

投信提案ロボは、新たに投資信託の購入を考えている方へ評価の高い投信を見ることができます。

投信提案ロボを起動し、興味がある資産や地域を元に、数分で高評価の投資信託の提案が受けられます。

さらに、長期投資に向く投資信託なのかは5項目で評価し、1~10の総合スコアを算出してくれます。

新たに投資信託を始めたい方は、投信提案ロボを参考に始めてみてもおすすめです。

3.投信見直しロボ

投資信託を購入している方の中で、運用している投資信託が自分に合っているか不安を感じている方に、投信見直しロボがあります。

持っている投資信託のスコアを算出し、乗り換えを検討した方が良い商品を教えてもらうことができます。

指定した投資信託のスコア(QUICKファンドスコア)を教えてもらい、似た条件でより高スコアの投資信託を3つ教えてもらえます。

保険の見直しのようなサービスはなかなかないため、松井証券ではこうしたロボアドバイザーを利用して自分にぴったりな資産形成をしていくことができます。

単元未満株も取引できる

1株単位で購入できる単元未満株もあります。

単元未満株とは?

株を購入するときは、100株単位で購入することが基本です。

1株だけ2株だけという買い方はできないのです。

しかし、証券会社独自で100株以下の単位でも買えるようにしているサービスがあるのです。

それらを「単元未満株」と呼び、松井証券でも単元未満株を購入することができます。

単元未満株の取引

単元未満株を購入するには、パソコンかスマホなどで購入できますが、いくつか注意する点もありますのでまとめます。

まず単元未満株については現物取引ができますが、整理銘柄やREITの購入はできません。

注文の受付時間は、営業日の09:00〜14:30までなので、単元株とは違います。

値段は成行注文しかできず、指値で購入することができません。

約定価格は注文の受付時間によって違います。

09:00〜10:59であれば、前場の終値から一定値を差引いた価格になり約定反映時間は11:45以降となります。

11:00〜14:30であれば、当日の終値から一定の値を差引いた価格となり、約定反映時間は15:15以降となります。

松井証券のまとめ


松井証券は老舗の証券会社として、安心感のある会社かつ投資初心者にもシンプルで分かりやすいネット証券会社です。

顧客主義でコストカットを目指した一日信用取引は投資経験者からの指示も高く、投資信託の購入手数料無料化は、投資初心者にもメリットがあり人気です。

ネット証券会社では、現在サービスや商品について宣伝やPRしているところがおおいため、ネットの作りがごちゃごちゃしている会社もあります。

しかし、松井証券は厳選した商品とシンプルなネット画面でわかりやすいと評判です。

投資に慣れていない人でも、初めて証券口座開設をする際、大いに検討するメリットがあります。

新規デビューキャンペーンなど得な制度などを利用して、ぜひ松井証券の口座開設をしましょう!